無職でも無審査で利用できる即日融資キャッシング??

hatena

まず、職に就いていようがいなかろうが、無審査でお金を借りる事が出来るようなキャッシングというのはまともなキャッシングであれば存在しないと考えておくべきです。

何故ならお金を回収しなければ商売は続けていく事が出来ないので、無審査で借りる事が出来るとお金を回収できるかどうかさえ全く分からない状態となるからです。

そうなると考えられるのは無理にでもお金を取ろうとする闇金か、最初からお金を貸す気が無い詐欺まがいな手口だと考えておいた方が良いです。

次に無職でも借りる事が出来る即日融資のキャッシングについても厳しいと言えます。

まず、貸金業者のキャッシングは総量規制の対象となるので年収の三分の一を超えては貸し出す事が出来ないから収入が0なら融資が不可能となります。

もう一つの可能性としては銀行のキャッシングであり、その場合は総量規制の対象外となりますが、銀行は消費者金融よりも審査が厳しいのでこちらもただの無職では無理だと考えておくべきです。

ただ、専業主婦で働いていないから収入が無いというケースならば、銀行では借りる事が出来ます。その場合でも即日融資となると対応している銀行は限られるので、可能性はゼロではないが即日融資は大変であると考えておいた方が良いです。

その他には即日融資で、しかも無審査でお金を借りる事が出来る方法としてはクレジットカードの現金化がありますが、この方法はクレジットカードの利用規約違反となる上に、カードのショッピング枠の限度額の9割程度までならば借りる事が出来ても、その後にはクレジットカードの支払いが発生します。

そのために一時しのぎにしかならず、返せる当てもないのに利用しても状況が悪化すると考えるべきです。

以上のように、無職で無審査、しかも即日融資などというキャッシングはまともなものは存在しないです。

無職でもキャッシングOKの即日融資をやっている会社

キャッシングを利用する場合には、必ず厳しい審査を行います。その審査内容は様々ありますが、最も重要となるのが仕事の情報で雇用形態や勤続年数、年収などになります。

このほかにも家族構成や住居形態、他社からの借入など細かくチェックをするのですが、それゆえにキャッシングの審査は時間がかかってしまいますので即日融資も難しくなります。

ではキャッシング業者で即日融資をしている会社や無職でも融資してくれる会社とはあるのでしょうか。まず大前提として、キャッシングはお金を貸しているだけですので、しっかりと返済をしてもらわなければいけません。

その為には、収入が見込めることが重要になるのですが、無職の場合には収入がありませんので、融資する会社はしっかりと返済をしてもらえるとは判断しません

また消費者金融では借金によって破産することを防ぐために、年収の3分の1以上の金額を融資してはならないといった法律が制定されています。

ですので、収入が0の場合には融資できる金額も0となりますので、法律的に不可能であると言えるでしょう。

しかし、インターネットなどで検索をしてみると、無職やブラックリストでも大丈夫、もしくは即日融資といった触れ込みで経営をしているキャッシング業者を見つけることができます。

このような会社の実態は法外な金利を設定して、無理やりにでも返済を要求したり、悪質な取り立てを行っている悪徳業者である可能性が高くなりますので、即日融資やブラックリストでも大丈夫と謳っている業者は利用しないようにした方が無難でしょう。

専業主婦はキャッシングできない?

2138

専業主婦の方でも、急にまとまったお金が必要になることがあるでしょう。近所つきあいや冠婚葬祭で、お金が入用になりキャッシングを利用したいと考える方もいらっしゃると思います。

しかし、専業主婦の方には基本的に収入がありません。はたして、キャッシングの申込が可能なのでしょうか。

最近では「専業主婦でも借入可能!」と宣伝しているキャッシング会社も見かけます。しかし現在、「総量規制」の制度により、専業主婦をはじめとした無収入の方への貸出はできません。

利用者の年収の3分の1を越える貸出を禁止していますので、収入がなければ対象のキャッシングを利用することができないのです。

そこで、専業主婦でも借入できるキャッシングは、総量規制対象外の銀行系のキャッシングとなります。事実、多くの銀行では「専業主婦でも借入できます」という宣伝を掲げて顧客を勧誘しています。

ここで必要となるのは、配偶者(夫)の収入です。配偶者(夫)の収入を合算して返済能力を判断します。

キャッシングを申込んだからといって、配偶者(夫)に連絡や通知がされることはありません。しかし、審査上では配偶者(夫)の収入証明書を提出しなければいけません。

また、配偶者(夫)の同意を必要としている先も多くあります。限度額もそれほど大きな額は設定されませんので、あまり多額の融資を望むことは難しいでしょう。

専業主婦の方の中には「夫に内緒で借入したい!」と考える方もいらっしゃると思います。しかし、証明書などで夫の許可がないと入手できないものも多くあります。

また金銭に関する問題は、深刻な人間関係の問題を引き起こすことがあります。できれば、夫とよく相談して利用するようにしたいものです。