学生のアコムでのお金の借り方

onegai

学生で借金をしたい、アコムでお金を借りたい場合、学生であることを失せて審査を受けると良いでしょう。

収入さえあれば問題なく審査を突破することができますが、収入が安定しない点から、利用を断る可能性もあるので、学生であることを伝えずに審査を受けると良いでしょう。

アコムでの借り方は、審査で個人情報を伝え、身分証を提示する必要があります。個人情報は、氏名と年齢、生年月日、職業、勤務先、収入額となります。

職業はフリーターとしておき、学生とする必要はありません。勤務先と収入額は、返済能力があるかどうかのチェックになります。

また、勤務先が本当に存在しているかを電話で確認をします。そのため、連絡先を伝えなければならないので、隠さないようにしましょう。

電話する際、アコムでお金を借りに来ているという報告をするものではないので問題はありません。そして、身分証の提示には学生証を使わず、保険証または免許証を使いましょう。

これらの情報を伝えることで、アコムでお金を借りられるようになります。また、学生であっても問題なく借りられるようになるので、変に対策することは必要ありません。

ただし、希望する金額を借りられない可能性があるので注意しましょう。アルバイトの収入額が低ければ、返済能力が低いと判断され、希望額に沿わなくなることもあります。

それが嫌なのであれば、収入額を少し多目に設定しておくと良いでしょう。ただし、額によっては源泉徴収票などの証拠を提示するよう求めて来るので注意が必要です。

アコムで学生でアルバイトしながら20万円返済するとどのくらいで返せるのか?

アコムで学生が20万円借りた場合、その返済はどのようになるのかをお話しします。

まず、アコムでは返済期日や最低返済額は定められていますが、それらを守れば返し方は自由であって極端な話、お金を借りた当日に全額返済してしまうという事も出来てしまいます。

ただ、現実的に考えるとそのような事は普通はなく、色々なパターンをあげていたらキリがないので35日毎に最低返済額を返済する場合についてお話しします。

また、アルバイトの学生の場合はあまり大きな融資は受ける事は出来ないのが普通であり、アコムの場合は極度額によっても返済額が変わってくるために極度額が1万円以上30万円以下という事を前提とします。

以上の条件を元に学生がアコムで借りた場合の返済について見てみると、借入金額の4.2%以上が返済額となっているので、20万円の場合は8,400円が返済額となります。

ただ、アコムでは返済は千円単位で千円未満については切り上げという事で9,000円が実際の返済額です。その状態で返済をしていると、返済回数は29回、返済総額は254,432円、そのうち利息は54,432円という事になります。

29回というと2年以上かかって返済する事になり、一回の返済額は1万円を超えないので学生の立場であっても負担はそこまではきつくはないと思いますが、利息で考えると借りたお金の四分の一以上も払う事になってかなりの負担となっています。

出来れば最低返済額を期間ギリギリで返すような事はせずに、ある程度余裕がある場合は大目に返済する事で利息を減らすようにした方が良いです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.