バンクイックを自営業が利用するには

バンクイックの融資限度額は500万円まで、金利は4.6%~14.6%と低い所に人気があり、一時的に利用できないかと考えておられる事業主の方もおられると思います。

銀行で融資を受けるには保証人や担保が必要になり融資を受ける手続きも複雑なためすぐにでもお金が必要な時、バンクイックを申し込めば担保や保証人も必要なく急いでいる時は最短40分で融資を受ける事が出来る商品で、事業主の方でも利用する事ができます

申込方法はインターネットを使った申し込み方法、テレビ窓口を使った申し込み方法、電話、郵送での申し込み方法があります。

最短で融資を受けるには必要書類の本人確認書類として運転免許証や健康保険証などや100万円をこえる融資を希望する場合は収入証明書として納税証明書その1・その2、確定申告書の第1表・第2表をそろえておきテレビ窓口へ行きオペレーターと相談しながら手続きを進めていけばミスも少なくスムーズンに手続きを行えます。

バンクイックを申し込むにあたって注意しなければならない事は、事業資金として申し込むことはできず、個人としての借り入れをもう込むのであれば問題はありませんので申し込みについては心配ありません。

申込書の記入で気をつけなければならないのは「お勤め先」の情報欄には勤務先名に屋号を書き、「勤務形態」では正社員か自営がありますので自営を選択すれば申し込みが出来ます。

急な出費にそなえて、カードを一枚作っておけばいざという時味方になってくれるカードといえます。

相談しましょうバンクイックに

インターネットも使える、三菱東京UFJのバンクイックのサービスは問い合わせは主に電話を利用します。実際に利用を始める前の問い合わせでも、利用途中の質問でも連絡先としては変わりません。

バンクイックの公式サイトに番号が書いてあるので、利用を検討しているならメモしておきましょう。各所にあるUFJの店舗を利用するなら、そちらの店舗毎の番号へ相談してみることもできますよ。

大抵サービスにまつわることであれば、気になったことを尋ねてしまうのがすっきりできます。しかしその前に、サイトに設置されているQ&Aコーナーはチェックすることを忘れないようにしておくべきです。

すでに出ている質問に対する回答が載せられているので、非常に参考になるんです。

借り入れ金額についての単位の相談もあれば、フリーターでも利用できるかどうか、など様々な種類の質問が寄せられています。回答は概要だけでなく、関連するバンクイックのページにもリンクがしてある親切設計となっています。

ずらりとひとつのページで軽くチェックすることができるので、時間があるなら隅から隅まで見てみるのもおすすめです。

気になることがあるときのお問い合わせとは別に、カード紛失や利用停止などの相談口もあります。こちらも電話での問い合わせとなっていますが、番号が通常のサービス内容についての連絡先とは別になっています。

どちらか、はっきりとわかるように番号を控えておくことが無難です。受付時間を覚えておけば、いざというときには電話でのお問い合わせが1番になります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.