プロミス即日審査は無職・失業中でも借りれる?

clipart

プロミス即日審査は、無職・失業中では難しいでしょう。

総量規制では、前年度の年収の3分の1を超える融資はできないとされているので、前年度に年収があったのなら、借りられる可能性はあります。

しかし、現在無職の人は、収入がゼロなので、借金をしたらどうやって返済をしていくのかという問題があります。

失業中の人は、3ヶ月~1年程度は失業保険がもらえますが、失業保険は給料よりもかなり金額が下がってしまうので、生活をするのにギリギリという人も多いです。

プロミスの審査では、「働いていて収入を得ている人」という条件がついていますので、働いていない人は、その時点で断られてしまいます。失業保険は収入とは認められません。

年金受給者の人は、年金が収入として認められるかどうかが問題となります。

金融機関によっては、年金が収入として認められることもありますが、プロミスでは、「働いて得た収入」が重視されているため、年金しか収入がない人は、断られてしまうでしょう。

結論として、プロミスの審査には、「働いていて収入がある人」でなければ通りません。逆に言えば、この条件さえ満たしていれば、学生や主婦でも借りられる可能性があります。

自営業の人でも、安定した収入を得ているならプロミスの審査に通る可能性があります。

無職の人は、借金をしても給料から返済をすることができないので、借金をすることは危険です。まずはアルバイトでもよいので仕事を見つけてから、プロミスに申込みをしましょう。

プロミス審査に通るための条件とは?

プロミスでお金を借りるためには、審査を受けなければいけません。万が一審査で落ちてしまうと、プロミスでお金を借りることができなくなるので、不安になる人もいるでしょう。

しかし、プロミスは消費者金融なので、銀行ほど高い基準はありません。お金を借りられる業者のなかでは比較的厳しくないので、それほど不安になる必要はないでしょう。

プロミスの審査に通る条件は、一般には公開されていません。ですから、審査を受ける前に可否を確認する方法は、存在していないことになります。

しかし、一般的な消費者金融の審査で重視されるのは、収入額ではなく安定した収入があることです。収入額が低くても、毎月収入を得ている人ならば、クリアできる可能性は高くなります。

しかし、審査の条件は収入額だけでなく、さまざまなものがあります。たとえば、年齢や住まいの形態、勤続年数なども影響しているので、一概に必ず通るといえるラインはありません。

また、過去に金融事故を起こしていたり、他社の借入金額が多かったり申込用紙に嘘が記入されていたりすると、収入額などで条件を満たしても落されてしまいます。

プロミスの審査では、さまざまな角度から申込者の返済能力を調べ、可否を決定しているのです。

プロミスの申し込み前は、お金を借りられるのか不安になるのは当然です。不安が大きいなら、誰でも利用できる仮審査を受けてみましょう。

可否を確実に知ることができるわけではありませんが、一つの目安になります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.